翼状片に注意 眼の紫外線対策も大切・健康情報を扱うブログです。がん・生活習慣病(糖尿病・高血圧など)・感染症・関節炎・メタボリック症候群などの医療情報や、健康管理法を取り上げます。

スポンサードリンク

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翼状片に注意 眼の紫外線対策も大切


翼状片とは、白眼の部分が伸びて黒眼を覆ってくる病気です。
通常は鼻寄りの部分が侵入しますが、鼻側、耳側双方から侵入するケースもあります。

紫外線や、ゴミ、煤煙などが眼に入りやすい環境にいると、罹患しやすくなります。

目が浴びる有害な紫外線の強さは、真昼よりも午前9時ごろと午後2-3時ごろがピークで、午前9時ごろでは真昼の約2倍に達することが金沢医大の佐々木洋教授(眼科学)と医薬品メーカーのジョンソン・エンド・ジョンソンの共同調査で分かった。

紫外線を長年浴び続けると、手術でしか治せない「翼状片」になり、乱視や視力低下となる恐れがあるという。佐々木教授は「日焼けと目への紫外線対策は別と考え、サングラスや帽子などでケアを」と話している。
調査は、昼と夜の時間が等しい「秋分の日」に近い昨年9月21日に実施。同大屋上で眼部に紫外線センサーを付けたマネキン頭部を、常に正面が太陽の方角を向くようにし、視線は歩行時の標準的な15度下向きに固定して、目に当たる紫外線の強さを調べた。

紫外線の強さを電圧で示した観測データは、ピークは午前9時の0・05ボルト、次いで午後2時から3時にかけての0・04ボルト。日射が強く最も日焼け対策が必要とされる午前11時-午後1時は、日が高く前頭部で紫外線が遮られ、0・025ボルト程度だった。

春から秋にかけてほぼ同じ傾向とみられるが、冬の11月の調査ではピークは昼だった。
(引用:http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/living/health/51750/)

翼状片は再発しやすい病気で、一度除去手術を行なっても、再手術が必要になる場合もあります。

普段の生活から、眼の紫外線対策を心がけて、予防に努めてください。
スポンサーサイト
Copyright © 健康情報プラス All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。