脳梗塞の死亡リスク 緑茶で低下・健康情報を扱うブログです。がん・生活習慣病(糖尿病・高血圧など)・感染症・関節炎・メタボリック症候群などの医療情報や、健康管理法を取り上げます。

スポンサードリンク

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳梗塞の死亡リスク 緑茶で低下


脳梗塞とは、脳組織が酸素・栄養不足に陥り、壊死してしまうものです。
脳の血管が詰まったり、血のめぐりが悪くなることが原因です。

アテローム血栓性脳梗塞、心原性脳塞栓症、ラクナ梗塞の3タイプに分類されます。
症状として、片方の手足の麻痺や感覚障害、構音障害、失語症、意識障害などがあります。

栃東関の引退の原因ともなりました。

緑茶を1日5杯以上飲むと脳梗塞(こうそく)の死亡リスクが男性は42%、女性は62%低下するとの研究結果を栗山進一東北大准教授(公衆衛生学)らが4日までにまとめた。

栗山准教授らは平成6年から宮城県内の40~79歳の男女約4万500人を追跡調査、1日に緑茶を飲む量で4グループに分け分析した。
その結果、脳や心臓など循環器系の病気の死亡リスクは、緑茶を飲む量が多いほど低下。1日に1杯未満の人に比べ、5杯以上飲む人は男性は22%、女性は31%低下した。脳血管障害では男性は35%、女性は42%低下。特に脳梗塞はリスクが低かった。

一方、がんによる死亡のリスクとは関連はなかった。紅茶やウーロン茶を飲む量とこれらの病気の死亡リスクに関連はなかった。

栗山准教授は「予想以上の差があり驚く結果だ。緑茶に含まれるカテキンなどが体に良い影響を与えている可能性がある」と話している。
(引用:http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/living/health/50438/)

脳梗塞は生存率が高く、生命予後には発症後の対応も大きく関わっているため、死亡リスクの差のみで緑茶の効果を判断するのは性急かもしれません。

発症リスクとの関連といった研究も、必要となるでしょう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。