アメリカのがん死亡者数が減少傾向 喫煙者減少と治療成績向上が主因・健康情報を扱うブログです。がん・生活習慣病(糖尿病・高血圧など)・感染症・関節炎・メタボリック症候群などの医療情報や、健康管理法を取り上げます。

スポンサードリンク

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカのがん死亡者数が減少傾向 喫煙者減少と治療成績向上が主因


喫煙は、健康に様々な悪影響を及ぼしますが、最も有名なものが”がん”です。
肺がん、咽頭がん、喉頭がん、口唇・口腔がんが、特に関連性の強いがんとされています。

タバコの煙には、およそ200種類もの発がん性物質や、発がん性が疑われる物質が含まれています。
喫煙という行為は、これらの有毒物質を、口腔、舌、咽喉、気管支、肺胞の粘膜に繰りかえし曝し、血液中に取り込むことなのです。
また、副流煙による受動喫煙でも、発がんなどの悪影響を被ることが分かっています。

米国のがんによる死者数が、2004年には前年より約3000人少なく、2年連続で減少したことが全米がん協会の最新の統計で17日分かった。

同協会は「一時的な減少ではなく、傾向としてはっきり表れた。喫煙者の減少と治療の向上が主な要因だ」としている。日本では、がんによる死者は増加し続けている。
統計によると、03年は前年より369人、04年は03年より3014人減少した。米国では1990年代から多くのがんで死亡率が低下しているが、人口増加や高齢者の増加をも上回って、がん死者数自体がついに減った形だ。

部位別では、死者数の多い肺、乳房、前立腺、大腸のいずれのがんでも減っているが、特に大腸がんでの減少が著しく、女性の肺がんだけが増えているのが特徴。

同協会によると、がん死者の減少は、大人の喫煙率が1965年の42%から2005年の21%に半減するなど、禁煙の効果が大きい。また、全がんの平均の5年生存率は1975~77年の50%から96~02年の66%に上がるなど、治療成績の向上も寄与している。
(引用:http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/living/health/35556/)

大腸がんのリスク因子には、遺伝、加齢、食事などの他に、喫煙があります。
特に、若いころから喫煙を始めた人は、禁煙した後も発がんの危険性が高いまま推移するという調査結果が出ています。

日本では、大腸がんの死亡者数が年々増加しています。
若年層の喫煙者が急増していることを考えると、アメリカに続くことは容易ではなさそうです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。