糖尿病 太ってなくても過信は禁物・健康情報を扱うブログです。がん・生活習慣病(糖尿病・高血圧など)・感染症・関節炎・メタボリック症候群などの医療情報や、健康管理法を取り上げます。

スポンサードリンク

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糖尿病 太ってなくても過信は禁物


糖尿病とは、インスリンの不足や作用不全によって糖質の代謝が阻害され、高血糖と尿糖が起こる病気です。
インスリン依存型糖尿病(I型糖尿病)とインスリン非依存型糖尿病(II型糖尿病)に分けられます。

II型糖尿病は、遺伝体質や肥満、運動不足、偏った食生活、精神的過労などの誘因が重なって発症します。
自覚症状は長期間ありませんが、悪化すると、多尿、頻尿、喉の渇き、体重減少といった症状が現れます。

「なくそう減らそう糖尿病」シンポジウム(日本糖尿病協会、毎日新聞社共催)が8日、東京都千代田区の砂防会館で開催された。

基調講演では、岡芳知・東北大教授が糖尿病の原因や網膜症、腎症などの合併症について説明。林啓子・筑波大准教授は「笑みからチカラ」と題し「笑いのある生活が食事、運動療法への意欲を生み、長期的に血糖値改善につながる」と話した。
パネルディスカッションでは、毎日新聞連載中の「なくそう減らそう糖尿病」に寄せられた質問に専門家5人が回答。メタボリック(内臓脂肪)症候群と糖尿病の関係について、清野裕・日本糖尿病協会理事長は「日本人は太っていなくても血糖値が上がりやすい。メタボリック症候群でなくとも血糖値などを調べてほしい」と呼びかけた。
(引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070408-00000050-mai-soci)

糖尿病が危険なのは、重大な合併症を引き起こすからです。

微小血管が悪影響を受けると、糖尿病の3大合併症といわれる、神経障害、網膜症、腎症が生じます。
また、大血管が影響を受けると、動脈硬化や脳梗塞、狭心症や心筋梗塞といった虚血性心疾患などの原因となります。
そのほか、免疫力低下による感染症、皮膚病などもあります。

気づかないうちに進行する糖尿病の予防には、定期的な検診が大切です。
スポンサーサイト
Copyright © 健康情報プラス All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。