自閉症リスク 両親の高齢化で上昇・健康情報を扱うブログです。がん・生活習慣病(糖尿病・高血圧など)・感染症・関節炎・メタボリック症候群などの医療情報や、健康管理法を取り上げます。

スポンサードリンク

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自閉症リスク 両親の高齢化で上昇


自閉症は、発達障害の一種です。
「社会性の発達の障害」「コミュニケーション障害」「想像力の障害とそれに基づく行動の障害」の3つが大きな特徴です。

先天的な脳の発達障害によって発症し、遺伝子の異常が関与していると考えられていますが、根本的な原因についてはよく分かっていません。

父親または母親が中高年で授かった子供は自閉症になる危険が大きいとする調査報告を、オークランドの医療グループ、カイザー・パーマネンテの研究部門の疫学専門家リサ・クローエンさんらが発表した。

クローエンさんらはカイザー・パーマネンテ病院で1995-99年に生まれた13万2844人の子供について調査した。593人が後に自閉症と診断を受けたが、これらの子供の出生時の親の年齢を調べ、もう1人の親の年齢や人種、両親の教育レベルなどを調整したうえで、子供が10歳までに自閉症と診断されるリスクを、親の年齢別にはじき出した。
その結果、父親は20歳未満が387人に1人、20-24歳だと203人に1人、25-29歳だと176人に1人、30-34歳だと154人に1人、35-39歳だと128人に1人、40歳以上だと116人に1人だった。母親は20歳未満のグループから251人に1人、182人に1人、156人に1人、149人に1人、130人に1人、123人に1人と増えている。母親と比べ、父親の方がリスク上昇が顕著であることが分かる。

自閉症に取り組む民間団体のアンディ・シーさんは「自閉症と親の年齢の関連を明確に示した研究」と評価している。
(引用:http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/life/health/47015/)

クローエン博士は、男性が高齢になるほど、精子のDNAの損傷率が高まることが、自閉症のリスク上昇に関係していると見ています。

近年、自閉症者数は増加傾向にあります。
出生時における両親の高齢化が、その一因かもしれません。
スポンサーサイト
Copyright © 健康情報プラス All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。