痔の悩みに強い味方 女性に優しい病院が人気・健康情報を扱うブログです。がん・生活習慣病(糖尿病・高血圧など)・感染症・関節炎・メタボリック症候群などの医療情報や、健康管理法を取り上げます。

スポンサードリンク

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痔の悩みに強い味方 女性に優しい病院が人気


切れ痔(裂肛)とは、肛門の粘膜が切れる病気です。
便秘で排便時にいきんだり、下痢で何度も排便することが原因となります。

症状としては、排便時に激しい痛みと出血があります。
痛みは、数十分から1時間ほど続きます。

オリコンが統計した最新ライフスタイルランキング「患者が決めた! いい病院」が発表されたが、気になるのが顧客満足度の高い「痔の病院」ランキングだ。上位3病院はどれも女性患者に“優しい”病院が占めた。女性の社会進出が進み、痔が女性の「現代病」になりつつあるともいわれる。だが、男性に混じっての通院となると、やはり羞恥心は捨て切れない。そんな悩める淑女の味方となる病院が急増しているようだ。

BEST3に入ったどの病院・クリニックとも、女医が常駐していたり、女性スタッフが揃う女性デイが設けられていたりと、女性にオープンな病院が上位を独占する結果となった。

1位に輝いたのは、「松島ランドマーククリニック」(横浜市)。レディースデイには、医師や看護師、待合室のスタッフもすべて女性が控える。投票者のコメントによれば、≪恥ずかしいイメージがあるが、実際に行ってみるとキレイなクリニックで行きやすい(26歳女性)≫と、女性からの信頼感が厚い。
2位は「アルト新橋胃腸肛門クリニック」(港区新橋)。こちらも同じく、毎週木曜がレディースデイ。新橋といえば、ビジネスマン街だが、患者の割合は男女ほぼ半々で、木曜は女性患者がどっと押し寄せるという。
患者の年代は20代から50代と幅広く、「最近の患者さんには公務員や客室乗務員の方が多いですね。同じ体勢を維持するようなお仕事をされていますと、同一部位を圧迫してしまうため、痔になりやすいんです」(30代の女性看護師)という。

女性の痔といえば、出産後に患うイボ痔が知られるが、最近の女性にはキレ痔が多いそうだ。
「特に若い女性は、ダイエットや不規則な生活によって便の具合が悪くなり、切れてしまうようですね」(同)
同病院はビジネスマンの支持者も多く、≪技術、設備、文句なし。待ち時間も少ない(32歳男性)≫と、性別問わず通いやすい環境が整っているという。

3位の「マリーゴールドクリニック」(港区赤坂)は、まさに女性のために作られたクリニック。≪先生は気さくで話しやすい。内視鏡の技術も素晴らしい。(40歳女性)≫と、悩める“痔女”の駆け込み寺ともいうべき存在だ。

こうした背景には、女性のライフスタイルの男性化やストレス社会、食生活の変化なども影響している。特に、食生活の欧米化に伴い、直腸がんの出血を痔と思い込んで相談に来るというケースも目立つという。
(引用:http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/life/health/29319/)

切れ痔は慢性化すると、裂肛が内括約筋にまで達して肛門潰瘍となり、排便後の痛みが数時間続くようになります。
さらに、肛門が狭くなる肛門狭窄が生じて、排便が困難になり、悪化が進みます。
こうなると、手術をしなければ治りません。

早期の治療を心がけてください。
スポンサーサイト
Copyright © 健康情報プラス All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。