抜け毛を加速させるタンパク質を発見・健康情報を扱うブログです。がん・生活習慣病(糖尿病・高血圧など)・感染症・関節炎・メタボリック症候群などの医療情報や、健康管理法を取り上げます。

スポンサードリンク

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抜け毛を加速させるタンパク質を発見


男性型脱毛症(AGA)とは、青年期や壮年期からすでに脱毛が始まる状態で、一般的に若ハゲと呼ばれます。
頭頂部や額の生え際あたりの毛がうぶ毛のようになり、進行すると発毛が止まってしまうこともあります。

男性ホルモンであるジヒドロテストステロンが主な原因物質で、遺伝的要因が主因と考えられています。

男性の「抜け毛」を加速させるたんぱく質を、ライオン生物科学研究所(神奈川県小田原市)のチームが見つけ、26日発表した。男性ホルモンの作用でこのたんぱく質が過剰に働き、毛根にある毛母細胞を不必要に「自殺」させるとみられる。28日から富山市で開かれる日本薬学会で紹介される。

同研究所の栗田啓・副主任研究員らは、毛髪が適当な時期に抜けるようコントロールしているとみられるたんぱく質「NT―4」に着目。人の毛母細胞にNT―4を加えると、「アポトーシス」と呼ばれる細胞死が、加えない場合の8倍に上った。
さらに、毛母細胞を作る「毛乳頭」では、男性ホルモンがNT―4遺伝子を作動させ、NT―4が過剰に生産されていることが確かめられた。
これらの結果から、NT―4は男性ホルモンによって働き、毛母細胞を不必要に細胞死させることで脱毛を加速している、と結論付けた。

研究チームは、NT―4の働きを抑える物質を、生薬や植物、海藻など約300種類の候補から探し出し、オキナワモズクの抽出成分が有効であることも見つけた。マウス実験で、この成分を体に塗ることで有効性が確認されたという。ライオンは「人での効果を試し、育毛剤として商品化したい」と話している。
(引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070326-00000067-mai-soci)

すでに資生堂の研究によって、TGF-β2というタンパク質が毛母細胞の増殖を抑制し、最終的にアポトーシスを引き起こすことが分かっています。

今回の研究結果からすると、様々なタンパク質が複合的に働いて、脱毛を発生させているのかもしれません。
スポンサーサイト
Copyright © 健康情報プラス All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。