ガン細胞を自滅に導く酵素を発見・健康情報を扱うブログです。がん・生活習慣病(糖尿病・高血圧など)・感染症・関節炎・メタボリック症候群などの医療情報や、健康管理法を取り上げます。

スポンサードリンク

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガン細胞を自滅に導く酵素を発見


がんとは、細胞が増殖する過程で生じる100種類以上の病気の総称です。
身体を構成する細胞の一部が、遺伝子の突然変異によって、無制限に増殖を始めることで発生します。
ガン細胞は、栄養と酸素が供給される限り、際限なく増殖し、患者を死に至らしめるまで成長を止めません。

がん細胞を自滅に導く酵素を、吉田清嗣・東京医科歯科大助教授(分子腫瘍(しゅよう)学)らの研究チームが発見し、9日付の米科学誌「モレキュラーセル」に発表した。酵素の働きを高められれば、抗がん剤の投与量を減らして副作用を軽減する効果が期待できるという。

遺伝子の本体であるDNAが紫外線や放射線などの影響で変異することで、細胞はがん化する。変異が大きいと、細胞中のp53遺伝子が働き、細胞はアポトーシスと呼ばれる自滅現象を起こす。
p53は酵素の働きで活性化すると考えられていたが、その酵素が何かは特定されていなかった。

研究チームは、ヒトのがん細胞を使い、p53が活性化する時にDYRK2という酵素が働いていることを突き止めた。
さらに、薬剤で細胞のDNAを傷つけると、この酵素が細胞質から核の中に移動してアポトーシスが始まることを確認。酵素が働かないようにすると、アポトーシスが起きなくなることから、p53にスイッチを入れる働きを持つと断定した。

吉田助教授は「抗がん剤や放射線治療は正常な細胞にもダメージを与える。DYRK2が必要な時に必要な細胞で働くよう工夫できれば、患者の負担を小さくする治療につながる」と話す。
(引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070309-00000011-mai-soci)

ガン細胞を殺そうと抗がん剤や放射線治療を行なうと、それらに耐性を持つガン細胞が生まれてしまいます。
ガン細胞は増殖速度がきわめて速く、かつ遺伝子が変異しやすい性質を持つためです。

この悪性化を回避するという点でも、細胞自体が持つアポトーシスの機能を利用するのは、がん治療の有効な手段でしょう。
スポンサーサイト
Copyright © 健康情報プラス All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。