歯周病予防 コウヤマキの抽出液が有効・健康情報を扱うブログです。がん・生活習慣病(糖尿病・高血圧など)・感染症・関節炎・メタボリック症候群などの医療情報や、健康管理法を取り上げます。

スポンサードリンク

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯周病予防 コウヤマキの抽出液が有効


歯周病とは、歯肉炎と歯周炎(歯槽膿漏)の総称で、歯周組織や歯槽骨などに障害がある状態です。

歯肉炎は、歯垢や歯石がたまった歯肉溝から、細菌が歯肉へ入り込むことで発症します。
歯肉が腫れて、触ると激しい痛みがあり、血や膿が出ます。

歯周炎は、歯肉炎が悪化した状態をいいます。
歯周ポケットと呼ばれる隙間が深くなり、歯周組織や歯槽骨が破壊されて、歯肉は歯を支える弾力を失います。
歯は安定性を失い、ついには根元から抜け落ちてしまいます。

阪神大震災で被災した神戸市長田区のうどん店女将、竹内洋子さん(52)が、歯周病の予防に日本原産の樹木「コウヤマキ」の抽出液が効くことを発見し、抽出液を配合した歯磨き粉を開発した。

竹内さんは平成8年に歯周病と診断された。近所の歯科医院に4年間通いつめ、歯石除去や投薬を受け続けたが、歯茎の腫れや歯のぐらつきなどの症状は改善しなかった。それがコウヤマキの抽出液を綿棒に浸して歯茎に塗り込んだところ、約1カ月で腫れが引いたという。
歯科医院へ来る回数が激減したことを不思議に思った主治医が竹内さんから経緯を聞き、大学で科学的に調べるよう進言。神戸薬科大(神戸市東灘区)と大阪歯科大(大阪府枚方市)で歯周病菌の生育を阻害する効果があることが実証された。

このうち大阪歯科大は、有効成分の特定などさらなる解析をしたいとして、昨年9月から委託研究を開始。大学が企業でなく個人の委託で研究するのは異例で、福島久典教授(細菌学)は「素人なのに着眼点がすばらしい。歯周病の治療にも役立つ可能性があり、研究対象として興味深い」と評価している。

竹内さんは17年7月に特許を出願。短大ではデザインを専攻し科学の知識はほとんどなかったが、知人の協力でコウヤマキ抽出液を配合したジェルタイプの歯磨き粉と洗口液を開発。「デンタアプローチ」の商品名で先月から販売を始めた。
(引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071108-00000922-san-soci)

歯周病を患っていると、全身疾患に影響を及ぼす可能性があります。
影響が現れる主な病気に、糖尿病、心筋梗塞、肺炎、胃潰瘍や胃がんなどがあります。
また、歯周病にかかった妊婦は、早産・低体重児出産のリスクが高いことも分かっています。

中高年の方にとっては、ごく一般的な病気ですが、決して放置せず、治療・予防につとめましょう。
スポンサーサイト
Copyright © 健康情報プラス All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。