早期肺がんに対する放射線治療 手術に匹敵する成績・健康情報を扱うブログです。がん・生活習慣病(糖尿病・高血圧など)・感染症・関節炎・メタボリック症候群などの医療情報や、健康管理法を取り上げます。

スポンサードリンク

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早期肺がんに対する放射線治療 手術に匹敵する成績


肺がんは、小細胞がんと、非小細胞がんである扁平上皮がん、腺がん、大細胞がんの4種類がおもなものです。

早期に発見できれば、高い治療効果が期待できるがんです。
しかし、初期には何の症状も出ないことがほとんどのため、多くの患者は、かなり進行してから発見されています。

とくに、小細胞がんは進行速度が非常に速く、短期間で、脳、肝臓、骨などに転移します。

早期の肺がんに対し、がんに放射線を集中させる「定位照射」と呼ばれる放射線治療の効果が、手術に匹敵することが国内14医療機関の初の共同研究で明らかになった。

結果をまとめた大西洋・山梨大放射線科准教授が、24日から京都で開かれる日本癌(がん)治療学会で発表する。
定位照射は、治療装置を患者の体の周囲で回転させ、様々な角度から照射し、がんに放射線を集中させる方法で、ピンポイント照射とも呼ばれる。体力的に手術が難しい患者も切らずに治すことができ、2004年に保険が適用された。

調査は山梨大、京都大、北海道大などで1995~2004年に実施。手術を拒否し、定位照射を受けた患者87人(平均年齢74歳)を約4年半、追跡調査した。この結果、患者の5年後の生存率は、転移がなく、がんの大きさが3センチ以下の1A期では76%、3センチ以上の1B期で68%だった。
(引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071023-00000405-yom-soci)

がんの放射線治療は、技術が格段に進歩したことで、副作用を最小限に抑えつつ、高い効果が得られるようになっています。

患者への負担が少なく、安全性も高いため、がん治療の選択肢の一つとして、重視されていくでしょう。
スポンサーサイト
Copyright © 健康情報プラス All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。