認知症のリスク 喫煙者は50%上昇・健康情報を扱うブログです。がん・生活習慣病(糖尿病・高血圧など)・感染症・関節炎・メタボリック症候群などの医療情報や、健康管理法を取り上げます。

スポンサードリンク

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

認知症のリスク 喫煙者は50%上昇


認知症とは、いったん正常に知能が発達した後、脳の機能に様々な障害が起きて知能が低下するものです。
原因や症状の違いから、アルツハイマー型認知症と脳血管性認知症に種別されます。

アルツハイマー型認知症は、徐々に進行するのが特徴です。
記憶力の衰えがいっそう進み、興奮や妄想、不安などの精神症状が現れます。

脳血管性認知症は、脳梗塞、脳血栓などの脳血管障害が原因で生じます。
脳の障害は一部分に限定されるため、現れる認知症症状は患者によって異なります。

喫煙する人は、たばこをやめた人や喫煙経験のない人と比べてアルツハイマー病などの認知症を発症しやすいことが、オランダの研究チームの調査で分かった。2日発行の神経学の専門誌で発表した。

オランダのロッテルダムにあるエラスムス・メディカル・センターのモニーク・ブレテラー博士が率いる研究チームは、55歳以上の約7000人を対象に、1人当たり平均で7年間に及ぶ調査を行った。
この調査では期間中に706人が認知症を発症。対象者のうち喫煙者は、たばこを吸わない人と比べて認知症になる確率が50%高いことが分かった。

認知症の危険因子としては、「APOE4」または「アポリポタンパク質E4」と呼ばれる遺伝子が知られている。この遺伝子を持つ人に対しては喫煙がアルツハイマー病を発症する危険性に影響を与えることはないが、この遺伝子を持っていない人の場合、喫煙により同病気を発症する危険性が70%高くなるという。

ブレテラー博士によると、喫煙で小さな発作が引き起こされ、それにより脳がダメージを受けて認知症を誘発する可能性があるという。
(引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070903-00000937-reu-int)

喫煙がアルツハイマー型痴呆症のリスクを高めることを示す調査は以前にもあり、今回の大規模調査でもそのことが裏付けられました。

また喫煙は、動脈硬化を促進する作用があります。
脳血管性認知症になる確率を高めるのも、当然のことと思われます。
スポンサーサイト
Copyright © 健康情報プラス All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。