がん細胞を自殺に導くタンパク質特定・健康情報を扱うブログです。がん・生活習慣病(糖尿病・高血圧など)・感染症・関節炎・メタボリック症候群などの医療情報や、健康管理法を取り上げます。

スポンサードリンク

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がん細胞を自殺に導くタンパク質特定


p53遺伝子は、がん抑制遺伝子の代表格です。
DNAが損傷したときに、細胞の増殖を一時的に止めたり、DNAの修復が不可能な場合は細胞を自殺に導く役割を担っています。

多くの種類のがんでは、p53遺伝子が失われていたり、働かなくなっています。

がん抑制遺伝子の一つ「p53」が、異常をきたした細胞を自殺に導く際に不可欠なたんぱく質を、千葉大医学部や大鵬薬品工業などの研究チームが特定した。肺がんや大腸がんなど約半数の種類のがんで、p53が正常に働いていないことが分かっている。このたんぱく質の機能を詳しく調べれば、正常な細胞には影響を与えず、がん細胞だけを自殺させる新薬の開発につながる可能性がある。がん発症のメカニズムの解明にもつながる成果で、24日付の米科学誌「セル」に発表した。
田中知明・千葉大助教(分子腫瘍(しゅよう)学)らは、細胞の中で遺伝子が働く際、DNAと特定のたんぱく質が「クロマチン」と呼ばれる複合体を作ることに着目した。人間の肺がんの細胞のクロマチンを分析し、p53と結合する分子をすべて調べた結果、「CSE1」というたんぱく質を発見。肺がん、大腸がん、乳がんの細胞を使った実験で、p53とCSE1が結合しないと細胞の自殺が起こらないことを確認した。

田中助教は「CSE1は細胞の生死を左右するスイッチ的な役割を持つたんぱく質と言える。CSE1をうまく利用し、がん細胞だけを効率的に自殺させることができれば、まったく新しいタイプの薬の開発につながる可能性がある」と話している。
(引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070824-00000059-mai-soci)

p53遺伝子はがん抑制能力が高いことから、「ガーディアン・エンジェル(守護天使)」という通称名を持っています。

CSE1を利用して、p53遺伝子の働きをうまくコントロールできれば、がん治療の大きな武器となることでしょう。
スポンサーサイト
Copyright © 健康情報プラス All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。