健康情報を扱うブログです。がん・生活習慣病(糖尿病・高血圧など)・感染症・関節炎・メタボリック症候群などの医療情報や、健康管理法を取り上げます。

スポンサードリンク

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アレルギー反応に関与するたんぱく質発見 新治療法開発に期待


アレルギーとは、特定の物質(抗原)に対して、過剰な免疫反応が生じるものです。

症状となる反応は、くしゃみや発疹、発熱、嘔吐、めまいなど、様々です。
ひどいときには、アナフィラキシーショックを起こして、死亡してしまう場合もあります。

原因物質や症状などにより、食物アレルギー、薬物アレルギー、アトピー性皮膚炎、花粉症などに分けられます。

花粉症やぜんそくなどのアレルギー疾患の発症に関与する新たなたんぱく質を、理化学研究所の研究チームが発見し、3日の米科学誌「ネイチャー・イミュノロジー」(電子版)に発表した。

日本人の約3割は何らかのアレルギーに悩まされているとされ、このたんぱく質を制御することで、新たな治療法の開発が期待される。
“アレルギー反応に関与するたんぱく質発見 新治療法開発に期待”の続きを読む
スポンサーサイト

エコノミークラス症候群 患者は女性に集中


肺血栓塞栓症とは、肺動脈に血栓が生じ、血行障害が起こる病気です。
肺に血液が送られにくくなったり、全く送られなくなります。

血栓は、下肢の静脈でできたものが、血流に乗って肺まで運ばれてくるものがほとんどです。

突然、呼吸困難になり、胸部に不快感が生じます。
不整脈がおこり、発熱や発汗を伴うこともあります。

一般に、エコノミークラス症候群と呼ばれます。

長時間の空の旅などで起きる「肺血栓塞栓(けっせんそくせん)症(エコノミークラス症候群)」は女性客に集中的に発生していることが、日本医科大千葉北総病院などによる成田空港利用客のデータ分析で分かった。同病院は「女性患者にはトイレに行きたくないから水分を取らなかったという人が多い。水を飲まないのはよくない」と注意を呼びかけている。千葉市で開かれた日本航空医療学会で1日発表した。

分析は、94年1月~07年7月、重症の循環器病のため成田国際空港クリニックから同病院の集中治療室に転送された旅客72人(男性38人、女性34人、平均年齢59.7歳)を対象に実施した。

最も多かったのはエコノミー症候群で31人。急性心筋梗塞(こうそく)23人、原因不明の胸痛5人、うっ血性心不全と不整脈各3人が続く。うち2人は病院で死亡した。

エコノミー症候群の31人のうち29人は女性。31人中27人は帰りの飛行機着陸後に発症した。
“エコノミークラス症候群 患者は女性に集中”の続きを読む
Copyright © 健康情報プラス All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。