循環器の病気・健康情報を扱うブログです。がん・生活習慣病(糖尿病・高血圧など)・感染症・関節炎・メタボリック症候群などの医療情報や、健康管理法を取り上げます。

スポンサードリンク

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足湯で心臓機能改善 移植待機患者に効果見られる


拡張型心筋症とは、特発性心筋症の一種で、心臓が拡張してしまう病気です。
原因は不明で、厚生労働省によって、難病に指定されています。

動悸、息切れ、呼吸困難といった症状があり、病気が進行すると、不整脈やむくみが現れます。
また、心不全や心原性脳塞栓症を起こしやすくなります。

治療には各種の薬剤を用いますが、重症の場合は、心臓移植の対象になります。

「足湯」による温熱治療で、心臓移植を待つ患者の心臓血管機能が改善することが、国立循環器病センター(大阪府吹田市)の研究でわかった。

体の深部の温度が上がって末梢(まっしょう)血管の血流がスムーズになることで、心臓のポンプ機能への負担が軽減するらしい。
“足湯で心臓機能改善 移植待機患者に効果見られる”の続きを読む
スポンサーサイト
Copyright © 健康情報プラス All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。