皮膚の病気・健康情報を扱うブログです。がん・生活習慣病(糖尿病・高血圧など)・感染症・関節炎・メタボリック症候群などの医療情報や、健康管理法を取り上げます。

スポンサードリンク

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体臭過敏な日本人 わきがの悩み、強ければ治療も


わきが(腋臭症)とは、汗腺のうちアポクリン腺から分泌された汗が原因で、強い臭いを発するものです。
汗が細菌によって分解されて、低級脂肪酸に変化し、刺激性の悪臭が発生するのが原因です。

およそ12,3歳以後に発症し、思春期に特に強くなります。
その後はじょじょに軽くなり、40歳を過ぎるとほぼ症状はなくなります。

ワキガ・多汗症治療に詳しい湘南美容外科クリニック(東京都)によると、人種別のワキガ体質の割合は、黒人でほぼ100%、欧米人80%、中国人3~5%、日本人は約10%といわれ、大きく異なっている。「欧米人にとって体臭はあって当たり前。日本人のように悩んだりしない」(榎栄治医師)という。

体臭は皮脂の酸化や、汗の成分が皮膚の常在菌に分解されることで発生する。体温調節のため全身に分布するエクリン汗腺の汗は、わずかに塩分を含む水分で、放置していると汗臭くなる。脇の下などの体毛部にあるアポクリン汗腺の汗は、タンパク質や脂質、糖質、アンモニア、鉄分などを含む。これらは常在菌の格好の栄養分で、ワキガ臭の原因となる。一般的な体臭は生活習慣の改善で軽減できるが、榎医師は「“良い汗”なら量が多くてもにおわないが、汗腺の機能が低下し、ベタついた“悪い汗”をかく人が増えている」と指摘する。
“体臭過敏な日本人 わきがの悩み、強ければ治療も”の続きを読む
スポンサーサイト
Copyright © 健康情報プラス All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。