頭痛・健康情報を扱うブログです。がん・生活習慣病(糖尿病・高血圧など)・感染症・関節炎・メタボリック症候群などの医療情報や、健康管理法を取り上げます。

スポンサードリンク

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供の片頭痛に注意 長期欠席の場合も


片頭痛偏頭痛)とは、血管による拍動性の慢性頭痛です。
数時間から数日ほど続き、吐き気や嘔吐、食欲不振などを伴う場合があります。

発症原因はよくわかっていませんが、脳内の血管が関係しているとみられています。
「セロトニン説」と「三叉神経血管説」が有力です。

熱はないが、「頭が痛い」。そうした子供の訴えを「仮病」と片づけるか、病院に連れて行くか、判断に迷うことは多い。片頭痛を持病とする子供は意外と多いようだが、適切な診断を下せる医師は少ないという。放置すれば学校の長期欠席につながる場合もあり、甘くみるのは禁物だ。

片頭痛は遺伝的要素が大きく、特に母親が片頭痛だと7割ほどの確率で子に受け継がれる。こめかみを中心にズキンズキンと痛み、吐き気や嘔吐(おうと)を伴うこともある。早い場合は幼稚園に通うころから発症することもあるという。

片頭痛はストレスから解放された状況で発症することも多く、発症プロセスには諸説ある。最も有力なのが「三叉(さんさ)神経血管説」。脳内の血管は、緊張状態で働く交感神経によって収縮するが、緊張が解けるとともに副交感神経の働きによって緩んで拡張する。それが過ぎると、脳幹につながる三叉神経を圧迫・刺激することで痛みが生じる。

過膨張の一因として、緊張解放を促す神経伝達物質、セロトニンの働きが関与していると指摘されている。
そのため、子供たちが学校から解放された下校途中や自宅で頭痛を訴える例が目立つ。しかし、ストレスのない週末は元気に過ごしていることから、「仮病」とみられることが多いようだ。
“子供の片頭痛に注意 長期欠席の場合も”の続きを読む
スポンサーサイト
Copyright © 健康情報プラス All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。